スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野の土城〈アイトベンハット〉


グラディエーターの撮影地になった場所が、ワルザザードの近くにあります。


アイトベンハットという町です


ここからはエッサウィラで会ったハルカちゃんを交えての女子旅です♡



到着するなり、絨毯屋のお父さんのナンパがひどい!!

見てけー見てけーってアピールがすごい!!

私たちのサングラスや帽子を奪ってご機嫌♪♪笑






『後でね~』と約束し、先を急ぎますw



商店街を通り過ぎると





おぉ!見えてきた!!

かっこいいじゃないか!!!

これがアイトベンハットだ!!








高台を目指して歩きます~








道なのか?家なのか?よくわからない道を登り続けて、ようやく登頂!!


綺麗だー!!






今度は全貌を見に川の方へ降ります








荒れた大地に流れる川。

その川の周りに集まる町。

よーするに、ここはオアシス。

オアシスにある土の家。

それがアイトベンハットであーる。


うん、かっこいいわ!




さっくり見た後は約束のお父さんのお店へ~

ベルベル絨毯をたくさん見せてくれます

暑い中観光してバテバテの私たち。

絨毯でゴロゴロ~~~


買う気の無い私たちに

いくらなら買うんだ?

と。


安くても絨毯は重いしいらない。

そう伝えてもなかなか理解はしてもらえません。


ほら!こんなにちっちゃいぞ!!

と言われても、大きいんです(*_*)


ごめんねお父さん!お話できて楽しかった!!!








そうして、私たちは次の町、ティネリエールへ向かうのでした☆


おしまい!





〈マラケシュからアイトベンハットの行き方〉

マラケシュからワルザザードまでバスで5時間

ワルザザードで1泊して

明朝、民間バスでワルザザードからアイトベンハット方面へ戻ります

Tabourahtという町で降ります



乗り合いタクシーでアイトベンハットまで。

たぶんこれが安い行き方です。

でも値段は忘れちゃいました。たぶん民間バスがディルハム。タクシーは5ディルハム。かな??




ブログランキングに参加しています~(o^^o)
お暇なときにでも、ポチっとお願いしまーす!
ページが完全に切り替わると、ポイントが入るっぽいので、しばしお待ちを~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ガラケーはこちら!
世界一周ブログランキング


本日もおこしいただき、ありがとうございました(•ө•)♡

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。