スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゲェの神様、ボブマーリー〈キングストン〉


JUN.2015.


NYからピューンとひとっ飛び!


第17カ国目はジャマイカでーす٩(๑^o^๑)۶









ジャマイカといえば

なにを想像します??


ボブマーリー、レゲェ、海、、、、




???






そんな皆様にジャマイカについての豆知識を少々。



16世紀頃、スペイン支配が始まります。

しかし、スペイン人が持ってきた疫病のせいでタイノ族は絶滅。



前にも書きましたが、ポイントはここです。


《絶滅》




絶滅ってありえます???


たしかに小さな国ではあります。


ですが、、


びっくりしました。




先住民が絶滅したのでは、働き手がいません。


そこで、アフリカから奴隷を運んできたといいます。



スペイン統治からイギリスに変更。



1962年、イギリスから独立。




こーしてジャマイカという国が生まれたそうです。





そんなジャマイカいちの有名人はやっぱりボブマーリー


レゲェの神様ボブマーリー




ボブマーリーはイギリス人の父と黒人の間に生まれたそーで。


本人は黒人じゃないと苛められたりして顔に泥を塗って黒くしたこともあるそう。



詳しくはこちらをどーぞ。

私もこのページで初めてボブマーリーがどんな人か知りました。

(めんどくさいんじゃないよ、こっちのが分かり易いのよ!!)


詳しくボブマーリー






そんなボブマーリーのジャマイカでの家は、《ボブマーリー博物館》になっております。





普段レゲエミュージックは聞かないけど、、、


ボブマーリーとシズラーはなぜか知ってて、たまーに聞きます。




ってことで、せっかくなので行ってきましたよ~~~!!




ここはツアーでしか入れず。


ツアー代2000ジャマイカドル(2000円)


建物の中は撮影禁止なので外側だけ↓↓↓



























すごい賞の数でした


日本にも来たことあるんですって


生パフォーマンス見た人が羨ましいです


ラスタファリズムは自然食が大好き


ボブは生姜が大好きだったようです


生姜を飲んでたから子どもが12人もできたとガイドは言っておりました笑





1番すごい人だなって思ったのは、ジャマイカでのコンサート中の出来事。


ジャマイカには2つの対立する政権(?)があってその二大政党の抗争に巻き込まれ、ボブマーリーも銃撃にあったり、亡命を余儀なくされたんだって。


数年後、ジャマイカに帰ってきたボブマーリーは、コンサートに二大政党のボスを招待していたらしいんです。


コンサート中、ボブは二人のボス達を前に呼びます。

そして二人に握手をさせるのです。

その写真がこちら。







すごくないですか???


さっき載せたホームページには

音楽が世界を動かした瞬間



って書いてあって、


ボブだからこそ、握手をさせることができたんですね。


長年争ってきたボス達が握手をする。


これはすごいことですよね。






ボブは名言もたっくさん残してます。


少し紹介します。



『Love the life you live. Live the life you love』

~自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。~



『Some people feel the rain. Others just get wet』

~雨を感じることのできる人もいれば、ただ濡れるだけの人もいる~


『One good thing about music, when it hits you, you feel no pain』

音に打ちのめされて傷付くものはいない 。それが音楽のいいところ







ほんとかっこいいなぁ~~~




ボブマーリーは36歳の若さでガンで死んでしまいます。


でも残したものは果てしなくでっかい。





ジャマイカの首都、キングストン。


ボブマーリーを少し知った後に聞くOne Loveは、いつもよりさらにあったかい曲でした(*´╰╯`๓)♬







ブログランキングに参加しています~(o^^o)
お暇なときにでも、ポチっとお願いしまーす!
ページが完全に切り替わると、ポイントが入るっぽいので、しばしお待ちを~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ガラケーはこちら!
世界一周ブログランキング


ありがとうございました(•ө•)♡





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。